厳選したおすすめの海外旅行保険

そもそも、「海外旅行保険」って何!?
そんなところから解説していきたいと思います。

海外旅行保険というのは、海外で病気がケガをしてしまったときなどに
補償される保険です。

日本国内で病院を使っても健康保険に入っていれば3割負担ですが、
海外だと全額負担になることもあり、万が一海外で病気やケガをしてしまったら
思わぬ高額出費になるケースもあります。

そこで、海外旅行保険に入っておくことで、
万が一の事故や病気時にも安心して病院へ行くことができるのです。

また、海外だと盗難のリスクも日本以上にあります。

ハワイは比較的治安が良いとはいえ、やはり日本と比較すれば
それなりに盗難の危険性もありますし、飛行機で預けた荷物が届かなくて困ったときなどに
一定の補償が受けられるという点でも安心度が高くなります。

他人への賠償も補償

ハワイで遊んでいたら他人にケガを負わせてしまったり、他人の車やモノを壊してしまったことにより法律上の賠償責任を負った場合にも海外旅行保険の補償範囲内で費用を補償してくれます。

こういったケースは決して多くはないと思いますが、決してゼロではありません。

とくにお子さんと一緒に家族旅行でハワイへ行くときなど、
他人のモノを壊してしまうことは可能性として考えられます。

ハワイへ行くならどんな海外旅行保険が必要!?

基本的に海外旅行保険単体の商品へ入っておけば間違いありません。

クレジットカードに無料付帯している海外旅行保険だけでOKだと思う人もいますが、
クレジットカードの種類によっては海外旅行保険の補償が十分でないケースもありますし
そもそもカード付帯の海外旅行保険には条件付で補償されるカードもあります。

てっきり海外旅行保険があると思っていたら、条件を満たしておらず、全額自己負担となってしまっては最悪です。

どんな条件で適用となり、「どのくらいの補償」なのか
ハワイへ出発前にカードデスクで確認しておく必要あります。

たとえば、保険金額が低く設定されていたり、携行品補償に自己負担額がある場合などです。

クレジットカードの補償に不安を感じる場合にも、個別に海外旅行保険を申し込みしておくことで、補償を上乗せすることができます。

ハワイにおすすめなパッケージプラン

海外旅行保険に必要以上の補償をかけるのはお金のムダです。

必要最低限の補償で十分です。

では、最低限ってどのくらいでしょうか!?

たとえば、損保ジャパンの海外旅行保険だと、パッケージプランがあります。

ハワイへ7日間行ったとすると、一番安く入れるタイプなら、「2,870円」です。
(2018年4月現在)

このくらいの保険料なら払っても良いかなと思える金額です。

このプランの補償内容ですが、
治療費用1,000万円、傷害死亡・後遺障害1,000万円
疾病死亡1,000万円、賠償責任1億円、携行品損害30万円、救援者費用1,000万円、航空機遅延等費用10万円

となっています。

これだけの補償内容があればハワイ7日間なら十分でしょう!

もっと補償を手厚くしたいなら、オーダーメイドプランを利用すれば
補償を高くすることも可能です。

心配なことがあればオーダーメイドプランで
自分が納得できる海外旅行保険へ入っておきましょう。

オススメはネット通販で入る海外旅行保険

もうすぐハワイへ出発だぁ!

そうなったら早めに海外旅行保険を準備しておきましょう。

ネット通販でカンタンに入れる海外旅行保険なら、
自分の都合の良いときに申込手続きができるから大変便利です。

クチコミ評判が良い理由

ネット通販の海外旅行保険をおすすめする理由は、「保険料が割安」だからです。

上述した損保ジャパンの海外旅行保険はネット専用商品となっていて
通常の窓口での加入に比べて保険料が安く抑えられています。

どうせ海外旅行保険に入るなら安いほうがベターです。

ネット通販の海外旅行保険でも補償はしっかりしてるし、
現地で困ったことがあっときには、日本語でOKなサポートサービスがあるから安心です。

ハワイならワイキキ周辺に日本語OKな医師もいます。

病気やケガで困ったときは海外旅行保険のサポートへ問い合わせし
現金不要で治療を受けられるハワイの病院を紹介してもらうのが良いでしょう。

厳選!ハワイ旅行におすすめの海外旅行保険

日本最大手の損保ジャパン日本興亜の「新!海外旅行保険OFF
国内大手の保険会社ということで安心感も抜群です。

「新!海外旅行保険OFF」はネット通販専用の海外旅行保険です。
メリットは保険料と加入のしやすさです。

細かな条件にもよるんでしょうけど、
ハワイへ7日間個人旅行で行ことを想定した見積もりだと、一番安い保険料でした。

通常の海外旅行保険に比べて保険料を割引していることと
ネット通販のため、わざわざ窓口などへ行って面談する必要ありません。

即日入ることができるのもメリットです。

三井住友海上火災保険の「@とらべる」もおすすめ!

こちらもネット通販専用の海外旅行保険です。

損保ジャパン同様に保険料がとってもリーズナブルになっていますし、
会社規模的にも全く心配ありません。

この2社に絞って加入を検討するのが断然おすすめです。

どちらもパッケージプランが用意されてるため、
海外旅行保険について細かな条件ど気にせず最低限プランで入りたいとお考えなら、
損保ジャパンは「PAプラン」、三井住友海上は「タイプA」で比較してみましょう。

どちらの海外旅行保険も補償・サービス・サポートに大差はないため
あなたが加入したい条件で見積もりしてみて、保険料が安いほうへ入るという考えがよろしいかと思います。

家族でハワイへ行くなら、どちらもファミリープランを使いましょう。

全員分の海外旅行保険を準備することで、個別に入るより安くなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする